太りにくい方法を知ろう

やっぱり運動が大事

簡単な運動方法

サッカーやバスケットボールなど、本格的に運動しなくても大丈夫です。
簡単な運動でも、身体を鍛えることができます。
家の周りを軽く歩くだけでもカロリー消費に繋がるので、太りにくくなります。
まずは30分だけで良いので、毎日歩く習慣を身につけましょう。
会社や学校まで歩く道のりを増やすのも、おすすめの方法です。
ワザと遠回りをすれば、1日当たりの消費カロリーを増やせます。

運動する時間を確保しようと頑張らなくても、日常の中で運動できるチャンスはたくさんあります。
また、頑張りすぎて3日坊主になったら意味がありません。
繰り返し運動することで身体を変えられます。
簡単な運動から開始すれば、自然に体力がつくので続けられます。

筋肉量を増やそう

太りにくい身体をつくるためには、筋肉量を増やす意識が重要です。
新陳代謝が向上すると、燃焼できる脂肪の量が増えます。
黙っているだけでも脂肪が燃えるので、たくさん食べても太ることはありません。
食欲の秋に負けたくない人は、筋肉トレーニングを開始してください。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、毎日継続しないと意味がないと言われます。
しかし筋肉トレーニングなどの無酸素運動は、毎日続けなくても良いと言われます。

しっかり休んで、筋肉を回復させる日を作った方が良いです。
筋肉を傷つけたままでは量を増やせないので、休みを必ず挟んでください。
コツコツと筋肉トレーニングを続けていれば、身体を変えられるはずです。